妊娠してから出産まで、女性の身体は外面・内部共に大きく変化します。産後、体型が元に戻らないことも多く、「昔の私はどこへ行っちゃったの?」と嘆く女性が多いです。
見た目を良くするためだけではなく、健康維持のためにも産後ダイエットをして元に戻すことが必要です。産後太りは腰痛や肩こりの原因にもなりますから、適当な時期を見てダイエットすることをおススメします。

また、帝王切開でお産をした場合は、通常のお産より傷口の回復も遅くなりますから、1ヶ月半~2ヶ月半ほど経ってから産後ダイエットをするのがおススメです。

 

産後ダイエットはいつから始めるべきか

産後ダイエットは健康のために重要ですが、気合を入れて産後すぐには始めないでください。
産後の1~2ヶ月の産褥期と呼ばれる時期は妊娠や出産で体力が消耗していますから体を休めることが大事です。

お産は本人にとってそれほど疲れを感じていなくても、体力を消耗しているのは確かです。明治以前からの生活の知恵として、産後1ヶ月の体は特に大事にするようにとの教えもあります。

昔の人は、産後の身体を大事にしないと更年期が重くなると言われていましたが、現代でも産褥期の過ごし方で産後の肥立ちが悪くなるという事は言われています。

ですので産後ダイエットは、産後1~2ヶ月後から始めます。それまでは産後の身体を十分に労わってください。

産後の肥立ちが悪いと産褥熱を起こしたり、子宮がしっかり回復せずに新たな症状を招く恐れさえあります。
ママが具合が悪くなったら、かわいい赤ちゃんのお世話も十分できなくなってしまいますから、体力が回復してから産後ダイエットを始めることをおススメします。
また、産後ダイエットに適した、痩せやすい時期というのが存在します。産後3ヶ月~6ヶ月の間は、ダイエットをすると大きな効果が期待できると言われております。

 

健康的に痩せるための食生活

産後ダイエットをすると言っても体がまだ本調子でないことや、慣れない赤ちゃんのお世話でとてもダイエットに時間をかけている余裕がありませんよね。
そのため、食事に工夫をして健康的に痩せることが産後ダイエットでは大事になってきます。

赤ちゃん母乳を与えているママにとって、食事制限は絶対にNGです。
食事での産後ダイエットを成功させるコツは、量は減らさずに栄養を摂りながらも余分な脂を摂らない食材を心がけて摂ることです。

この食事法で最も参考になるのが和食です。和食の健康効果は世界的にも認められ、海外でも多くの女性が和食ダイエットをしているほどです。
ごはんなどの炭水化物は体の大事な栄養素となりますので減らさずに、高たんぱく、低カロリーの食材を選んでください。母乳を作るのに重要なたんぱく質やカルシウム、鉄などを多く含んだ食材がおススメです。良質なたんぱく質を含む、納豆や豆腐、卵、小魚や海藻、アサリやレバーも積極的に摂るようにしてください。

カボチャやサツマイモなど繊維を多く含む食材も産後ダイエットに効果があります。
母乳をあげている間は便秘にもなりやすいのですが、食物繊維を摂ることで腸の環境を整える効果が期待できます

また、妊娠出産に役立つ葉酸サプリは産後も引き続き飲むことをおススメします。

★おすすめ葉酸サプリ

商品名 エレビット elevit
内容量 90粒(1日3粒目安 30日分)
価格 4,500 円(税込)
販売元 株式会社伊藤園
カロリー 3.2kcal/3粒(1,320mg)当たり
原材料 大麦(カナダ、オーストラリア、日本、アメリカ)、飲用海洋深層水(高知県)、麦芽(オーストラリア)/ ビタミンC

出典:https://www.shop.bayer.jp/elevit/?_ga=2.240065283.1876097787.1564983400-2105202900.1564983400

 

授乳中は母乳に水分を取られますから、水分補給にも気を配りましょう。おススメは麦茶です。麦茶は昔から「かけ水」と言われて母乳の出を良くするのにるのに効果があるとされており、産婦人科の退院指導でも麦茶を飲むことが奨められていました。

★おすすめの麦茶

商品名 健康ミネラルむぎ茶
内容量 650ml
価格 130円(税別)
販売元 株式会社伊藤園
カロリー 0kcal
原材料 大麦(カナダ、オーストラリア、日本、アメリカ)、飲用海洋深層水(高知県)、麦芽(オーストラリア)/ ビタミンC

出典:https://www.itoen.co.jp/products/detail.php?id=2312

 

産後のホルモンの乱れは太る原因に繋がりますが、食生活の改善でホルモンバランスを改善することができます。
ホルモンバランスの乱れを解消できる食材の多くは、産後ダイエットに効果があるとされる食材と共通しています。

産後ダイエットは無理なくバランスの良い食事を取って行いましょう。

母乳育児が痩せる理由

妊娠中に太ってしまっても、授乳が始まることで痩せる女性は多いです。
体質によって母乳育児をしても痩せにくい人もいますが、母乳育児で痩せやすい理由は「ホルモンの影響」と「消費カロリーが増えること」そして「赤ちゃんが母乳を飲んでくれること」の3つです。

妊娠中は、胎盤から女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが分泌されますが、出産で胎盤が排出されるとこれら2つの女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。そして、プロラクチンと呼ばれる女性ホルモンが乳腺に働きかけることで母乳の生成が始まります。

しかし、母乳をあげていないと、出産後は減少するはずのプロゲステロンの生成が減少せず、ホルモンのバランスを崩し太りやすくなってしまうのです。
母乳を与えていると、プロラクチンの生成量も自然に増えてホルモンバランスが保たれるので、安定した状態を維持できます。

また、赤ちゃんに母乳をあげているうちは、母乳を生成する分、かなりのカロリーが消費されます。
母乳育児を行わない場合にはホルモンバランスに対する配慮が必要となります。
ホルモンバランスを整える方法としては、食生活に気をつけたり、睡眠を十分に取るようにしましょう。睡眠不足はどうしてもホルモンのバランスを崩してしまいます。
しかし、赤ちゃんのお世話でどうしても睡眠不足になりがちなので、赤ちゃんと一緒にお昼寝もするようにしましょう。
また、ストレスもホルモンのバランスを崩してしまいます。産後に痩せない原因はストレスだった、なんていうこともあります。
ストレス解消と言っても、産後はなかなか自分の時間が取れず、難しいものがありますが、健康的に痩せるためにも工夫をして可能な限りのストレス解消を試みましょう。

alia@美容垢
wp_user@lstyle.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です