乳酸菌の摂取量についてですが、摂りすぎても問題ないと言われています。
その理由として挙げられるのが、乳酸菌は便として毎日排出されています。例え、沢山の量の乳酸菌を摂取したとしても、1週間も経過すれば体外に出てしまいます。このため、乳酸菌を摂りすぎてしまったらという心配は要らないのです。
また、乳酸菌を摂りすぎても副作用の心配も必要ありません。

乳酸菌は腸内環境を改善し整えてくれる働きが期待できますが、腸内環境を改善するために必要な乳酸菌は

効果には個人差があるため,整腸作用を示すための必要乳酸菌摂取量を決めることは難しいのですが,あくまで目安としては上記の一日百億個程度と考えられます。

出典:http://www.nibiohn.go.jp/eiken/hn/modules/smartfaq/faq.phpfaqid=1486.html

多量の乳酸菌を摂取するためには乳酸菌のサプリメントを活用することもおすすめです。
乳酸菌のサプリメントの1日に摂る目安の上限が大体1兆個くらいになっていると言われています。
乳酸菌サプリメントは、ヨーグルトにすると100食くらいに含まれる乳酸菌の数をサプリメント1回分で摂取することが可能とも言われています。
乳酸菌のサプリメントに入っている乳酸菌の量は個数が多いので、乳酸菌をより数多く摂取したいという場合は食べ物から摂取するより、サプリメントを利用した方が効果的に摂取量を増やすことができます。
サプリメントに1日に摂取するべき量が書かれているので、それに従って摂取すれば問題なく摂取することができ、それより多く摂取してしまったとしても体外へ自然と出て行ってしまう性質があるので、摂り過ぎというまではいかないので安心して良いと言えます。

乳酸菌サプリメントで乳酸菌より多く効果的に摂取するための大事なポイントとして「生きたまま腸に届くかどうか」と言えます。
乳酸菌は熱や胃酸に弱い性質があり、殆どの乳酸菌が胃や十二指腸で死滅してしまい、せっかく多くの乳酸菌を体内に摂り入れても腸に届くのはほんのわずかとも言われています。
生きたまま腸に届けるということは、長の動きを活発にし、整腸作用、便秘解消といった乳酸菌を持つ効果を引き出してくれるのです。

乳酸菌は胃酸や熱にとても弱いという特徴がありますが、昔ながらの発酵食品に含まれる乳酸菌は胃酸に溶けることなく、生きた状態で腸内にたどり着けると言われています。

出典:http://mg.eikoh-seminar.com/2017/04/4294/

また、乳酸菌サプリメントには即効性がなく、サプリメントを摂取したからといってすぐに乳酸菌が増加するわけでも、乳酸菌の効果を引き出してくれるものではなく、長い期間乳酸菌のサプリメントを摂取することで、初めて腸内で働いてくれます。
乳酸菌サプリメントは摂取できる乳酸菌の量は多く摂取できますが、その量をより効果的に摂取できるようにするためには、乳酸菌を増やし続けることが重要なことと言えます。

乳酸菌サプリメントは、生きて腸に届きやすいように工夫されている点、乳酸菌が凝縮されているので数多くの乳酸菌を含み、摂取することができる点、カロリーが低いので安心して摂取できることといったメリットが挙げられれます。
その中でも、カロリーが少なくて、大量の乳酸菌を摂取することができるサプリメントは最大のメリットと言えます。
こうしたメリットがあるから、乳酸菌サプリメントは乳酸菌を多く体内に摂取し、効果的に乳酸菌を届けることができるのです。
乳酸菌と酵素を同時に取ることができる、まあるい旬生酵素ですもおすすめです。

まあるい旬生酵素

商品タイプ 丸剤タイプ
内容量 60粒入り
通常価格 3,980円(税抜)
定期購入価格 初回 907円(税抜)
2回目以降 2,980円(税抜)
※2回目以降解約可(お届け予定日10日前までに電話・メール)
1日の使用量目安 2~6粒(1袋約10~30日分)
販売元 さくらフォレスト株式会社
カロリー 2.46kcal/2粒
原材料 植物発酵エキス(黒糖、脱脂粉乳、根菜類(にんじん、たまねぎ、だいこん、その他)、葉物野菜(はくさい、きゃべつ、菜の花、その他)、果菜類(とまと、ピーマン、きゅうり、その他)、果実類(みかん、いよかん、はっさく、その他)、穀類(大麦、玄米、黒米、その他)、海藻類(こんぶ、ねこんぶ、わかめ、その他)、キノコ類(まいたけ、しいたけ、えりんぎ、その他)、山菜類(ふきのとう、タラの芽、わらび、その他))/グレープフルーツ種子抽出物
(原材料の一部に小麦、乳、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、
ごま、大豆、バナナ、もも、やまいも、りんごを含む)

出典:https://j-ckdi.jp/entry28

 

alia@美容垢
wp_user@lstyle.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です